エアラインSPI・一般教養対策


分かった!出来る!出来た!3つの喜びを実感しながら学べる充実した一般教養・SPI対策


 

エアライン一般教養 SPI対策 

    

 

JAL・ANAなど日系航空会社では必ず実施されるSPI・一般教養 苦手な人も大丈夫!神戸エアライン・マナー学院だからできる分かった!出来る!出来た!」3つの喜びを実感しながら学べる充実した一般教養SPI対策

 

 

 

分からない・出来ないことは恥ずかしいことではありません。

 

問題を解く方法を知らなかっただけです。

 

苦手意識を克服ししっかりとした基礎をつくりSPIに求められる「速く」「正確」にとける力をつけながら最新の航空会社独自の試験対策指導をします。 「何が分からないかがわからない」受講生様や英語は得意だけど

 

漢字の読み書きが苦手な帰国子女の方も安心して受けられるレッスンエアライン一般教養SPIの多くは中・高の土台からなるものです。

 

 

 

神戸エアライン・マナー学院の一般教養SPI対策では一人一人の理解度・定着度を確認しながらレッスンを進めまず確かな学力を定着させ「速く」「正確に」解ける力をつけていきます。

 

 

 

講師は理数系クラス出身。自身も分からないから心技体の揃った家庭教師の恩師に出会うことで分かるようになり下から数えたほうが早かった成績が学内トップ10にまで伸びた経験と中・高校受験生への指導で一緒に成績を伸ばした経験を活かし

 

 

 

「何が分からないのかがわからない」

受講生様の改善点を発見し心に寄り添い指導いたします。受講生様の中で一般教養SPIの問題をとけなくなってしまっている方の多くは小・中の基礎をお忘れになってしまっている事、理解できていないまま授業を受けてしまっていた、海外生活で漢字の読み書きに触れる機会がなく英語は得意でも日本語の読み書きが苦手になってしまったことが原因としてあげられます。

 

 

 

就活にむけた一人での学習で挫折しそのままにして不安感が残ったまま航空会社のSPIを受けてしまった結果、SPIの成績のためにせっかくのチャンスを逃してしまい、一般教養SPIの受験がある航空会社へは受ける事さえ避けてしまう受講生様が多くいらっしゃいます。

 

 

 

一般教養・SPIの学力はその時の採用面接官の方との相性などとは違い

 

 

 

やればやるだけ目に見える力となり

 

成績に現れご自身の自身にも繋がります。

 

 

 

神戸エアライン・マナー学院では「何故航空会社試験に一般教養SPIの試験が必要なのか」

 

をまず説明し学力のテストではないこと、入社してからどのように役に立つのかをご説明ししっかりとご理解していただきレッスンを進めていきます。 

 

 

 

 

 

段階をしっかりと踏み理解しながら講師と一緒にレッスンで学び苦手科目を克服して

 

不安な要素をなくします。分かった!出来る!出来た!3つの喜びを実感しながら

 

自信をもってCAGSの試験に挑みましょう。

 

 

 

年齢は関係ありません

 

 

大丈夫あなたなら必ずできます。

 

 

 

 

 

何故SPI 一般教養テストが必要なのか?

 

 

 

SPIとは「Synthetic Personality Inventory」能力適性と性格適性をひとつにした総合適性検査です。

 

 

 

 

 

検査では人間の行動の基本である「知的能力」「性格能力」2領域に分けて測られます。これら2つは入社後に育成しにくいと考えられるので採用時に見極められます。

 

 

このうちの「知的能力」は 言語(国語 漢字や四字熟語 英語等)と非言語(数学・理科等)からなる「能力適性検査」で測ります。

 

 

 

 

 

 

 

航空会社は笑顔や容姿・語学力だけでは採用を決定しません。

 

 

 

進化発展する世界に適応しながら挑戦しつづける航空会社にふさわしい客室乗務員を採用するためにはこれまでの知識として学んできた力や、今後の可能性を測るために

 

SPIや一般教養を行います。

 

 

 

学力確認のテストではなく「仕事の能力を測るためのシュミレーションテスト」

 

ですので「速く」「正確に」解くことが最も大切で攻略法の一つでもあります。

 

 

 

 

 

何故「速く」「正確に」解くことが大切なのか?

 

 

フライトには時間の期限があります。通常の仕事にも期限があります。

 

 

限られた時間の中でご自身の分かっている知識や能力を駆使しながら多くの問題や知らない問題をいかに工夫し答えへ導ける速さの力を試される試験になります。

 

 

 

 

 

:客室乗務員の仕事はお客様の命をお預かりする重大で正確さ確実さが求められる保安要員としての業務があります

 

 

その中で緊急事態時にはAEDや酸素ボンベの使用・CPRそして

 

最も大切なドアのオペレーションがあります。これらはすべて正確に行わなければ第23の災害へとつながるためいつ何時でも、正確に確実に業務を行える能力が必要になります。

 

 

 

 

 

安心して仕事を任せられる人物か、間違いがなく仕事ができる人物か、その割合はどのくらいかという業務の処理能力を測ります。イメージが大切になる航空会社での大きなミスは企業にとって大きな損失になります。

 

 

エアライン受験者の方は特に力をつけましょう。

 


エアライン一般教養・SPI対策レッスン内容


エアライン一般教養SPI対策カリキュラム

 

 

数学・理科・地理SPI非言語レッスン科目

 

 

 

基礎診断テストをさせていただきエアライン受験で必須となる科目を一人一人の力に応じて随時講師が理解度を確認しながら

 

必要な問題を解いていきます。

 

 

 

講師と一緒に例題 基礎編 発展編 繰り返しのドリルで力をつけます。ご自身が力をつけたい科目や苦手な科目があれば講師にお伝えください。

 

 

 

 数学

・式の計算・方程式と不等式・溶液の濃度・損益算・仕事算・速さ・確率の問題・鶴亀算

 

n進法・順列 組み合わせ・集合

 

 

 

理科 エアラインならではの試験内容になります。どの問題が出ても対応できるように

 

万全の準備で挑みましょう。

 

 

 

・生物・物理・地学・化学

 

 

 

 国語 その他一般常識 SPI言語

 

レッスン内容一部抜粋

 

 

基礎診断テストをさせていただきエアライン頻出漢字の読み書き使い方から、最新の政治経済自治問題世界情勢まで楽しく幅広く学んでいきます。

 

 

 

国語

 

・漢字の読み方・四字熟語・語句の意味・同音異義語

 

 

 

最新の政治・経済 時事常識

 

・日本史・世界史・国際情勢

 

 

 

 

 

上記科目内容は一部抜粋となります。多彩なエアライン頻出科目の中からご自身が一番苦手とする

 

科目を抜粋し時間を有効に使い集中して学んでいきます。

 

 

 

 

 

エアライン一般教養SPI対策カリキュラム

 

 

数学 理科 地学 SPI非言語 レッスン科目

 

 

基礎診断テストをしていただきエアライン受験で必須となる科目を一人一人の力に応じて、随時講師が理解度を確認しながら必要な問題を解いていきます。

 

 

講師と一緒に例題 基礎編 発展編 繰り返しのドリルで力をつけます。

 

 

 

・式の計算・方程式と不等式・溶液の濃度・損益算・仕事算・速さ・確率の問題・n進法

 

・順列 組み合わせ・集合・数列・グラフと領域・展開図 立体・三段論法・その他エアライン受験頻出問題

 

 

 

理科

 

・地学 天気・天体・生物 メンデルの法則・物理 テコの法則・化学 等

 

 

 

 

 

 国語 その他一般常識 SPI言語 

 

 

基礎診断テストをさせていただきエアライン頻出 漢字の読み書き使い方から最新の政治経済自治問題世界情勢まで楽しく幅広く学んでいきます。

 

 

 

国語

 

・難読漢字 政治・法律・経済系漢字・ことばの運用・難訓語・日本文学史・四字熟語

 

・語句の意味・同音異義語

 

 

 

最新の政治・経済 時事常識

 

・日本史 ・世界史・地理・国際情勢

 

 

上記科目内容は一部抜粋となります。多彩なエアライン頻出科目の中からご自身が一番苦手とする科目を抜粋し時間を有効に使い集中して学んでいきます。